便秘を解消する方法として、もっとも簡単な方法はマッサージでしょう。

マッサージの目的は血液やリンパの循環を改善し、代謝を上げることを目的としています。
血行が良くなれば腸の活動も活発になり、便秘も解消できるのです。

腸を刺激するマッサージは、腰の下に枕を入れて仰向けになり、お腹を伸ばします。
おへその周りを時計回りに手でゆっくりと、円を描くようにさすります。
テーブルを軽く拭き掃除するくらいの力加減です。
30~50回さすってください。これを1日2~4回ほど繰り返します。

腸を刺激するツボもあります。
両手を腰にあてて指で背骨の横をゆっくりと押します。
ツボは足の裏にもあります。
中央のへこんだ部分が腸のツボにあたります。
ここも指でゆっくりと押します。

マッサージやツボ刺激は素人が無理に力をこめると逆効果になることもあります。
もし硬く感じるところや、痛く感じるところがあった場合は、押す力を強めるのではなく、マッサージやツボ押しの回数を増やすようにして対処してください。

いずれも根気よく、体調に注意しながら1日に何度か繰り返し行うようにしてください。

ストレッチ

ストレッチというと筋肉をムキムキに鍛える運動を連想する方もいるようですが、「ストレッチ」とは本来、筋肉を収縮させて柔軟にする柔軟体操のことです。
これは便秘の解消にも効果があります。

ストレッチがもっとも効果が上がるのは朝です。
便秘を解消するにも効果的で、睡眠中にリラックスできる副交感神経がまだ働いている間に、ゆっくりと筋肉を動かします。

無理をする必要はありません。
ふとんの上で仰向けになりながら、両手をふとんにつけて足を上に上げて伸ばし、そのまましばらく上げたままにします。
その後に足をおろします。これを何度か繰り返します。

うつ伏せになりながら手足をゆっくりと上下に動かすだけでも効果はあります。

難しく考える必要はありません。
寝覚めに軽く手足の筋肉を伸ばし、動かす、それを継続するだけで効果はあるのです。

その後にコップ1杯の水分補給をして、睡眠中に失った水分を補給し、同時に腸を刺激します。
それで朝食をとれば排便を促しやすくなります。

ポイントは緊張を促す交感神経が活発に動き出す前に、筋肉や腸を刺激すること。

それには朝が最適なのです。