私たちの体には、胃から大腸までの腸管全体で100~300種類、約100兆個もの腸内細菌が棲んでいると言います。
人間を構成している細胞の数は60兆個と言われていますから、細胞の数よりも多い細菌が棲んでいることになり、その総重量は1kgにもなるそうです。

共生しているのですから、細菌たちは私たちの生活環境や慣習の変化の影響を受けますし、私たちもまた細菌たちからさまざまな影響を受けています。
細菌のなかには、私たちが生きていくうえで、なくてはならないものもありますが、私たちに害を与えている細菌もあります。
便秘もこうした細菌たちの影響を受けているのです。

腸内細菌を大きく分けると有用菌と有害菌、そのどちらでもない日和見菌に分かれます。

このなかで、もっとも数が多いのは日和見菌で、私たちにはほとんど影響を与えません。

有用菌は善玉菌とも言われ、その代表として、よく知られているのがビフィズス菌や乳酸菌です。

これらの細菌は疲労を回復させる乳酸や、エネルギー源となる酪酸などの有機酸を作ります。

これに対し、有害菌は悪玉菌と呼ばれ、ウェルシュ菌や大腸菌など、悪臭のもととなる腐敗物質や、発ガン性物質なども作ります。
便秘は腸内環境が悪化すると起こりやすくなりますが、その腸内環境を悪化させているのが、この悪玉菌です。

腸内空間は限られていますから、細菌たちの勢力によって腸内環境は変化します。
善玉菌の勢力が減ると悪玉菌が勢力を伸ばしてきます。

腸内環境の悪化を放置していれば、悪玉菌はどんどん増殖し、善玉菌の勢力は減少していき、さらに便秘になりやすくなってしまいます。

つまり、善玉菌の勢力を増やしてやれば腸内環境は整えられ、便秘になりづらくなるのです。

最近では善玉菌であるビフィズス菌や乳酸菌を多く含む加工食品や乳飲料も販売されていますから、善玉菌を積極的に摂取して腸内環境を改善し、便秘になりづらい腸にしましょう。

オリゴ糖

オリゴ糖は当初は虫歯の原因菌であるミュータンス菌の栄養とならないため、虫歯になりにくい甘味料として、砂糖の代用として開発されました。
その後、研究が進むと、オリゴ糖にはほかにもさまざまな機能があることが分かってきました。

たとえばオリゴ糖はカロリーが低く、多くは胃で消化されずに腸まで達し、腸内細菌の善玉菌である乳酸菌やビフィズス菌のエサとなって、ビフィズス菌を増やすことも分かってきました。
オリゴ糖には腸内の悪玉菌の増殖を抑制し、腸内環境を整える働きがあったのです。

このため、オリゴ糖には便秘を解消する効果が期待されるようになりました。

オリゴ糖にはフラクトオリゴ糖、キシロオリゴ糖、大豆オリゴ糖、ガラクトオリゴ糖、イソマルトオリゴ糖、乳果オリゴ糖、ラフィノースなどの種類があります。
どのオリゴ糖にも虫歯になりにくく、腸内環境を整えるといった共通する作用がありますが、イソマルトオリゴ糖だけは消化されてしまうので、あまり整腸作用は期待できません。

またオリゴ糖は、たとえばフラクトオリゴ糖はゴボウやタマネギ、ニンニク、バナナなどに、キシロオリゴ糖はタケノコやトウモロコシに、ラフィノースはビート(砂糖大根)に含まれているので、自然の食材からでも摂取できるのですが、自然の食材の場合は摂取効率が低いため、多くは人工で精製されたものが利用されるようになりました。

いまでは甘味料として市販されていたり、さまざまな加工食品に使われています。

オリゴ糖はヨーグルトなどに含まれている乳酸菌やビフィズス菌と一緒に摂取すると、より効果的に腸内環境を整えることができるのでお薦めです。